チャップアップの1回30プッシュは液垂れ必至?理由と対策を大公開!

チャップアップを購入した人たちの間で話題となっているのが、使用中の「液垂れ問題」。

1回の使用推奨量が多いのではないかと、口コミでもざわついているんですよね。

そこで今回は、チャップアップの液垂れ理由とその対策について検証してみたいと思います。

検証1.チャップアップ液垂れはどうして起こるのか

「液垂れしてしまう」というチャップアップ使用上の問題点。

口コミ通り、理由を単純に考えると使用量が多すぎるのではないかと思いますよね。

そこで、チャップアップが推奨している「使用量」について検証してみましょう。

チャップアップの液垂れ問題!使用量が多すぎる?

まずチャップアップの使用推奨量をチェックしておきましょう。

1回のケアにつき、30プッシュ(=4ml)の使用が推奨されています。

この使用推奨量が多いのでは?と口コミで取り上げられているわけですが、実はチャップアップの公式サイトにも液垂れに関する質問が寄せられているようです。

ちなみに公式サイトからの回答は、「スプレー後は頭皮に押し込むようマッサージも行いましょう」というもの。決して使用量を加減してください、ということではないんですよね。

つまり、液垂れ問題は使用推奨量に焦点を当てて解決してはいけないということですね。

絶対ダメ!チャップアップ液垂れ回避に使用量を減らす?

液垂れを避けるために、やむなくチャップアップの使用量を減らす選択肢を選ぶ方もいるかもしれませんね。

しかし、それが1番やってはいけないことです。

チャップアップが推奨している“量”は、「頭部全体」の頭皮や髪の毛への改善効果を考慮した配合量なのです。

液垂れを避けるために独断で使用量を減らすと、十分な効果が得られない可能性が非常に高くなります。

また、薄毛や抜け毛が気になっているところだけケアする分の量ではありません。

重点的にケアしたくなりますが、部分的に血行が良くなる、部分的に栄養を与えて強い毛が生えるということはありません。

頭皮は1つの皮でつながっています。必ず1度のケアに30プッシュ(4ml)を守り、チャップアップが頭皮全体に行き渡るような使用方法を守ること。

そして使用後は、指先でチャップアップを押し込むようにマッサージをしてあげましょう。

チャップアップの液垂れ問題!“使用量”以外に原因が?

液体の4mlって決して驚くほど多い量ではない気がしますが、プッシュ回数にすると30回なんですよね。

頭皮に液体を30プッシュも吹きかけるとなると、結構な量。液垂れに苦労している人が多いのもわかりますよね。

でも液垂れの理由、この使用推奨量のせいだけではないようなのです。

考えられる理由の1つが、チャップアップボトルの吹き出し口の形状。

というのも、液体物をまんべんなく塗布する場合、通常はミストタイプの吹き出し口が使われますよね。

しかしチャップアップは、ビームのように噴き出るタイプのスプレーボトルを採用。

勢いもあり、スプレー中に垂れ流れるのは避けられない状態なんですよね。

効果減!チャップアップ液垂れ回避に採用ボトルを変更する?

スプレーボトルはケアしたい部位にピンポイントで届く一方、一定の部位だけに当たり続けるため垂れ落ちてしまうという難点を持っています。

吹き出し口の形状が液垂れの原因にもなっているのであれば、変更したらいいのにと思うかもしれませんね。

ではミストタイプがいいのかというと、ただ髪の毛に霧吹きをしているだけで頭皮まで育毛成分が届かないという難点を持っています。

そのためチャップアップを無駄なく頭皮に浸透させるためにはスプレーボトルが適しているのです。

吹き出し口の形状も原因の1つと考えられますが、変更して解決とはいかないようです。

どう防ぐ?チャップアップ液だれ問題の解決方法とは

チャップアップの液だれ問題ですが、使用推奨量やボトルの吹き出し口の形状が関与していることがわかりました。

ただ、使用量を減らす・採用ボトルを変えることはできません。ということは、違うところで対処していくしか解決方法はありませんよね。

ではどうしたら良いのか、2つ提案があります。

チャップアップ液垂れ対策①タオルを使って解決

1つ目の提案は、液垂れを仕方のないことと受け止めて、首にタオルを巻いて使用する方法です。

チャップアップの液垂れで困るのは、頭皮・首筋を伝って衣類まで汚れてしまうこと。

そこでタオルを巻いておけば、垂れてきたチャップアップを受け止めてくれるので衣服は汚れず、使用後は首筋に流れてきたチャップアップもふき取れて便利ですよね。

ちなみに、チャップアップがタオルについても変色する・汚れるといったことはありません。洗濯すれば元通り、清潔なタオルとして使用できます。

しかしこの方法の問題点は、チャップアップが多少無駄になるということ。タオルにしみこませた分がもったいない!という方は次の方法を試してみてください。

チャップアップ液垂れ対策②段階をふんでケア

2つ目の提案は、チャップアップの液垂れを少しでも減らす方法です。

それが、段階をふんで頭にスプレーをしていく方法です。

公式サイトの回答にもあったように、チャップアップは塗布後にマッサージをすることで頭皮に浸透していきます。

つまり、塗布+マッサージの組み合わせを一度で終わらせるのではなく、何度かに分けて行うのです。

おでこ部分から始め、頭頂部、襟足へと進むと頭部全体を丁寧にケアできると思います。

推奨プッシュ数は1回のケアで30回なので、5回ずつを目安にするとよいでしょう。

しかしこの方法の問題点は、ケアに非常に時間がかかるということ。忙しい日々を送っている人にとっては、難しい作業になるかもしれませんね。

検証結果のまとめ!チャップアップ液垂れの原因と対処法

チャップアップにみられる液垂れの原因
・使用推奨量が多め
・スプレーボトルの形状

使い方による液垂れの原因
・気になる部位のみ重点的に使用している
・30回プッシュしてからマッサージケアをしている

使用推奨量とボトル形状に関してはどうしようもないので、使い方の工夫が必須となりそうです。

そこで、下記の対処法を実践して液垂れ問題を解決していくと良いでしょう。

対処法
・首にタオルを巻く
・プッシュ+マッサージの工程を数回繰り返す

決して安くはないチャップアップ育毛剤。時間に余裕があるのであれば、回数を踏んで丁寧なケアがおすすめです。

使用推奨量を無駄なく使って、効果的にケアしたいですね。